8月にスタートされた心理カウンセラーさんご紹介(宮城県仙台支部 吉田 弘希さん)

いつもお世話になり、ありがとうございます。事務局の櫻井でございます。

残暑厳しい日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
この時期は体力を消耗しやすいので、身体も心も十分に休息できるよう
規則正しい生活を心がけて、ご自身が心地よいと感じる時間を大切に過ごしてくださいね。

今回は、8月にオープンした5人目の心理カウンセラーさんをご紹介させてください。

吉田弘希カウンセラー

吉田弘希 カウンセラー(宮城県仙台支部)

宮城県仙台支部の吉田 弘希(よしだ ひろき)カウンセラーです。吉田 弘希公式サイト

吉田さんは、会社員をされていた頃、仕事における自分自身の悩みに対処するため、心理学的なアプローチについて調べ、その知見で会社組織を見た時、悪意や害意が無いのにも関わらず人間関係がうまくいかない、周囲になじめない人が結構いることに気づかれたそうです。

なぜそうなってしまっているのか、周囲との交流を求めているのになぜ孤立してしまうのか、自分でもよくわかっていないように感じつつも、その時は何もできなかったそうですが、改めて考えてみるとこれは非常に不幸なことではないか、もしかしたらカウンセラーに相談することや、その他の手段で求めるものが得られるかもしれないのにそれができない、あるいは根本的に自分が何を求めているかがわからないということは幸福を得ることができないということであり、どうにかしたいという気持ちがご自身の中にあることに気づかれたそうです。

そして、その気持ちを生かせる仕事が心理カウンセラーであり、最大限に社会貢献できる道ではないかと、心理カウンセラーの道へ進まれました。

 

なぜくれたけ心理相談室を選んでくださったのでしょうか

カウンセラーとしての能力を磨くために、くれたけ心理相談室で働くことが非常に有効であると考えたためです。ホームページを拝見したところ、くれたけ心理相談室には多くの先輩がいらっしゃり、多種多様な相談を受けています。
実際の現場で、それぞれの手法が使用された状況や結果について伺うことができるというのは、1か所で集中的に勉強するよりも、より広く深く学ぶことができると考えます。
カウンセラーの技法、流派は様々なものがあり、どの状況にどの手法を用いるか、自分が身につける手法は何が最適なのか、それを知るには格好の環境であると思いました。

 

吉田さんは、これまで心理カウンセラーとは全くの別分野で働いておられました。
それまでの経験から、カウンセラーとして身を立てたい、窮地にある人を手助けしたいという気持ちがとても強く、クライアントのどんなお悩みにも真摯に対応してくれるカウンセラーとして活躍されています。

 

カウンセラーを職業としたい方や、所属をご検討中の皆様のご参考になれば幸いです。

みなさまにとって素敵な今日でありますように

所属カウンセラー 募集(エントリー)はこちらから

くれたけ心理相談室 スタッフ
2021年の募集詳細(全国)をご確認の上、エントリーフォームへ入力お願いいたします。

コメントを残す