4月にスタートされた心理カウンセラーさんご紹介(和歌山県田辺支部 久保 このみさん)

いつもお世話になり、ありがとうございます。事務局の櫻井でございます。

初夏を感じる日もあれば、冷たい風に肩をすくめる日もあり
長袖にしようか半袖にしようか、なかなか衣替えができずにいる今日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は、4月にオープンした3人目の心理カウンセラーさんをご紹介させてください。

山根木 このみカウンセラー

久保 このみカウンセラー(和歌山県田辺支部)

和歌山県田辺支部の久保このみ(くぼ このみ)カウンセラーです。久保このみ公式サイト

久保さんは小学生〜中学生の頃のいじめの経験から、大人になっても常に周りの目が気になり生きづらさを感じていたそうです。ある日、臨床心理士のカウンセリングを受け話を聞いてもらううちに、他人から好かれる自分ではなく、そのままの自分でもいいんだと大きな気付きを得られたことに感銘を受け、誰かの心のケアに携さわりたいと、中学生の頃からの夢でもあるカウンセラーになられたそうです。

 

なぜくれたけ心理相談室を選んでくださったのでしょうか

ホームページを拝見し、人の心を第一に考えていらっしゃるところに感動しました。
カウンセリングや相談業務をビジネスとして展開されている企業も多いなか、貴相談室は業績よりもクライアントさんを、そしてカウンセラーさんのことも大切にしていらっしゃり、人の心に対するあたたかみを感じました。

 

久保さんは10代の頃に生きづらさを感じ、お世話になった臨床心理士に支えられた経験から、少しでも多くの方が笑顔でいる時間を増やせるよう、空いた時間に少しでも誰かの役に立てないかと、昨年からチャットカウンセリングのボランティアをされていたそうです。1人ひとりにじっくり関わりクライアントを取り巻く環境やバックグラウンドまで含めたアプローチをしてくれるカウンセラーです。

 

カウンセラーを職業としたい方や、所属をご検討中の皆様のご参考になれば幸いです。

みなさまにとって素敵な今日でありますように

 

 

所属カウンセラー 募集(エントリー)はこちらから

くれたけ心理相談室 スタッフ
2021年の募集詳細(全国)をご確認の上、エントリーフォームへ入力お願いいたします。

コメントを残す